相談している男女

求人情報を探す

殺風景なオフィス

ドライバー求人、注意する意外な人物像

物流関係の仕事は実際に人間関係の煩わしさから選ぶ人も多いと思いますが実際は、どうなのでしょうか。荷物を運送するトラックのドライバーなどは基本荷物を運ぶため運転中は一人ですが荷物の受け渡しなどで取引先の人達との接触が、あります。バスの運転手などは、少ないとはいえ、乗車してくる、お客さんとの交流が、あります。タクシーともなれば乗車している、お客さんとの距離は近くなり交流の場面は多くなってきます。ドライバー求人する側からも安全に運送してくれるとゆう能力の他に、お客さんは、もとより取引先や配送先の人達との間での、コミュニケーションが、最低限、取れる人材を求めています。かしこまる必要は、無いですが、ドライバー求人においてもサービス業とゆうことで、こうゆう事が大切になってきます。

ドライバーそれぞれの勤務時間内容

何気に分かっているドライバーの仕事ですがドライバー求人の職種など実際の勤務時間などは、どうなっているのでしょうか、そこで少しだけ実際の内容を見てみましょう。タクシーなどの勤務時間は3通り、あります昼日勤の日中から12時間勤務する。隔勤は1日、働いて1日休みのパターン。夜日勤は夜から12時間、勤務するパターンです。残業などは災害や、よっぽどの外部要因が無い限り、ほとんど、ありません。バスの運転手も3つパターンが、あります朝早くからの日中の勤務。日中から夜間の勤務。夜遅くから早朝までの勤務で、それぞれ8時間から12時間の勤務になります、やはり災害などが無い限り残業は、ほとんど無いですが集団での仕事ですので病欠の場合は臨時で入らなければならない事も、あります。トラックドライバーに関しては日勤と夜勤の2通りで8時間から12時間が、だいたいの勤務時間です。残業に関しては一番、多いです。